Webライターを始めて思うこと

こんにちは。水沢貴志です。

今日はお部屋のお片づけをしました。

散らかった引き出しや資料の整理が終わると何だか一安心しました。

いつもお部屋がきれいだと気持ちがいいですね。

私のお部屋には楽器と本と資料しかないのですが、それでもゴミや汚れが多くお掃除も大変でした。

ひと段落ついて、お水を飲んでブログを書いています。

 

Webライターを再開して案件を応募しています。

今まではすぐにあきらめていたところもありますが、今回は違います。

一定の金額をクラウドソーシングで得て生活水準を上げるために少しの事では諦めないつもりです。

 

このまま案件を獲得できればもうライターだけでご飯が食べていけます。

 

心の病気があってもストレスがなく、生活費に悩むこともないのです。

 

最も欲しいものはピアノ、中古の一戸建てと高価なものなのですぐには購入は難しいですね。

 

この年になるともう子供のようにあれがほしいという事もなくなりますが好奇心だけは子供のような気持を持っています。

 

それが創作に役立つのです。

 

勉強をしたり、調べ物をしたり、ほしい物を思い描いていつか手に入れるという強い意志があればいつか夢は叶うと信じいています。

 

もう病気があります。

結婚など普通の人が望むような幸せは手に入らないと思います。

 

しかし、孤独に強くなり自立して生きていく力があれば、その後の人生をより豊かなものへと成長させてくれると考えています。

 

学ぶこと、成長する気持ちがあればきっと不可能なことなどないと思っています。

 

そして自分が本当にしたいことは何なのかをもう一度見つめなおしていきます。

 

世の中にはたくさんの疑問があります。

 

そして多くの人は関心を持つことなく人生を惰性で生きているように思えてなりません。

 

もちろん、今の世の中は自分の生活でいっぱいいっぱいです。

とても他人の生活を憂い、社会を学ぶことの余裕もない事でしょう。

 

でも私は思います。

 

もっと社会の事に関心を持ちたいと。

知らないことが多すぎます。

本当にそう思います。

 

それは案件を取っても言えることです。

 

今までの人生の経験を記事にするものあれば社会問題をテーマに扱うものもあります。

 

今の社会に不満があってもなくても、今の社会が果たしてどういうものなのかをよく知らないとただの不満を言うだけで人生が終わりそうですね。

 

私はもしWebライターでお金を稼ぐことが出来たら、ほしい物を購入します。

その後のお金は社会に貢献するために使いたいです。

 

それがどういう形になるのかはまだ分かりませんが、まずは案件を継続して受注できるようになってからですね。

 

そしてもう一つお話があります。

それは私の人生はずっと孤独との向き合い方を考えることでした。

 

心の病気があります。社会に出ても弱者として扱われるか上司がいて仕事などは必ず指示があります。

 

両親も兄弟も他人とまでは言いませんが、私の事を真剣に向き合ってくれているかと言うとそうでもないです。

 

大手企業で働いてほしい。

 

それしか言わない両親です。

 

しかしそんな親でも私を生んで育ててくれた大切な親です。

 

いつか自立できるくらいのお金を稼ぐことが出来ればその時なって初めて親孝行ができると考えています。

 

親孝行をしたい。

そういう気持ちも忘れないでいたいですね。

 

また、ひとりで今日掃除をしながら思ったことはこれからの人生もずっと孤独と向き合う人生だという事です。

 

友人や親友、恋人も必要でしょう。

 

そういう考え方もあるとは思います。

しかし、多くの人が孤独でも生きています。

 

知り合いの多くはもう離婚を経験したり、子育てに追われる人生を送っています。

人によっては会社人間です。

 

そして思う事はみな、孤独なのだという事ですね。

家族が会っても自分の時間は必ずあります。

 

コロナ渦にあっては飲み会や接待なども自粛になっています。

 

すべてがそれでよいとは言いませんが、今の現代社会が孤独とどのように向き合うのか?

 

そして社会に対してどのように貢献するのかが問われているように思えてなりません。

 

どのような形でも社会と無関係で生きていくことは難しいです。

 

しかし、どのように生きていくにしても基本は知らないことを知ることから始まるのではないのかと思っていますよ。

 

知らいないことを知ることはとても楽しいですよ。

そして人生の財産にもなります。

 

もし読者さまに会社員としての生活に限界を感じている方がいるのなら勉強をしてみてはいかがですか?

 

知識が増えると新しい選択肢も生まれると感じています。

 

そして私のようにWebライターやカウンセラーとして副収入を得ながらいつかはそれを本業にできる日が来るのかもしれないです。

 

もちろん、世の中に絶対というものはないです。

 

何かあっても読者さまの責任でお願いいたします。

 

しかし、何かをしないと何も始まりませんよ。

 

自分の可能性を否定しないでください。

 

努力すればいつか自分のやりたいことや生きがいが見つかると思っています。

 

今日のお話はここまでです。

 

楽しんでいただけましたか?

 

明日も記事を書きます。

 

お楽しみに!!!

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。(*^^)v