お金の講座始めました。景気の疑問をひときりです。

今の日本は経済がボロボロになりつつあります。

このままだと倒産する企業も増えるでしょう。

うつを含めた精神病患者も増加の一途にあります。

また医療関係者の子供のいじめや偏見、差別など、先の見えない状態です。

確かに言えることは自粛政策は成功しているのでしょう。

これは間違いがないことです。

でもいつまでも自粛していると生活が成り立たなくなります。

その線引きをこれからどうやって決めていくのでしょうか?

また株価が大暴落しています。

ネットの広告でも証券会社の口座開設が増えていると言います。

株の世界では底値で買って高くなったら売ることですからね。

しかし、このまま経済活動が自粛されると日本は大丈夫なのでしょうか?

政府へ依存していても何も始めることができないのです。

新聞や本を読んで知識をつけましょう。

その知識が生きていくうえで非常に大切になってくると感じているところです。

学校の勉強だけが学問ではないはずです。

生きていくためにどうすればいいのかをお金を出してでも学びながら生活に役立てていくことがこれからの時代に求められていることだと考えています。

この記事ではコロナの危機でもどうやって生きていけばいいのかもお話していきます。

一番言えることは噂を信じないことです。

正確に言うとうのみにしないことです。

自分の頭で分析するためには知識をつけることと考えることが大切です。

専門家の意見がすべてではないのです。

もちろんウイルスに対する備えは重要です。

でも私の結論は過度な自粛も恐怖をすることもないと言うことです。

健康的な食生活をして免疫を上げることが出来れば対応はできるものです。

コロナウイルスよりも怖いことは経済が破綻したり、または打撃を受けることで仕事を失ったり生活に困窮したり、学校に通えない、会社に行けない、

こういうことがずっと続くことが一番の危険なことなのですと言いたいです。

運動をするにしても自転車に乗るだけでも運動になるのです。

人に会いたいのなら今はZOOMもあります。

チャットもあります。

いまの時代は孤独との闘いだと言えます。

頼れるのは自分と家族と大切な仲間だけです。

自分で自分の人生を生きていくために強くなりましょう。

自分たちの安全を脅かす存在と闘うことは大切です。

そのためにも勉強をしましょう。

明日も記事を書きます。

お楽しみに!!

最後までご覧いただいていつもありがとうございます。(*^^)v