お金の講座始めました。今日は4回目の講座です。(*^^)v

こんにちは。お金を増やす価値観を知ろう学び講座も今回で4回目です。

学びを通じて得られるものは何かありましたか?

学びなんてないよ!!というようなお叱りの声も聞こえてそうですが、毎日無料で勉強ができるのです。どうか温かい目で見守ってください。

今日のお話は現在の株価のお話です。

2020年4月21日現在、およそ19280円です。

日経平均は大幅な下落のようですね。

一時期は16000円代まで下がったこともあり、現在も経済は低迷していると言えるでしょう。

そんな中でも特に生活に密着していて株式のお話になる。つまりお金の授業になると思い今夏のテーマにしました。

株式のことはまたテーマに取り上げますが今回は簡単に紹介します。

株価は下がっていても医薬品やゲーム産業の株価は安定していてIT業界一つとっても勝ち組とそうでない会社とが大きく分かれています。

皆さんもご存じの通り多くの企業がテレワークを導入しています。

しかし、大手企業の導入率はわずかに13%程度だと言うニュースもあります。

そんな普及率で安心できるの?

そもそも株価とか関係ないし・・・

などというお叱りも受けそうですがお金の授業だと思えば最後まで読んでいただけると思っていますよ。

私は経済や株価の専門家ではありませんが投資経験はあります。

株価というものは長期投資と短期間で売買を繰り返すデイトレードなどがあります。

私の場合は長期投資でした。

そこそこの利益を上げることもできました。

多くの投資家はデイトレードで9割近くの人が大損をしているようです。

投資は難しいのですね。

しかし、見方を変えてみて今回のような不況でも利益を上げることが出来ている産業は例えばゲーム産業です。

自宅待機や自粛が強まる傾向がある中で家にこもってゲームをする人が増えているようです。

それで中古品でもゲーム機は飛ぶように売れているようです。

任天堂の株価を見ても去年まで35000円台と低迷していましたが今は46000円台になっています。

つまり、およそですがあくまでもおよそでが去年に350000円で購入していると今は460000万円、11万円くらいの利益と言えるのです。

先を予想して重要があるニーズをとらえることが出来れば投資で副収入を得ることができるのです。

小渕総理の時にIT革命がありましたがその時もゲーム産業は好調で利益を上げています。

アベノミクスになってからも同じですね。

もちろん今から購入は難しいことですし、先の予想何てだれでもできることではありません。

しかし、前回の貯金のお話でもあったように10年の単位でみれば大きなお金を生み出すことは十分に可能なのです。

私は株価を予想したり、お勧め銘柄で利益を上げるような解説はしていないです。

しかし、経済や世の中の流れを予想することや分析の結果や一つの回答を記事にすることはできます。

今回は簡単に株価の予想や変化のお話です。

明日も記事にしますのでお楽しみに!!

最後までご覧いただいていつもありがとうございます。(*^^)v