日常の疑問を探してブログにしています。心の病気の応援ブログ! 毎日更新。

心の病気でも社会と繋がっていることをお伝えするブログです。

婚活応援ブログ!相手の容姿や年収は大事ですか?

こんにちは。タカッチです。

私は婚活で20代の時に松嶋菜々子似のもの凄い美人と3年間の交際期間がありました。

 

婚活には夢があります。

 

出会いもありますから。

 

でも今日のテーマは相手の容姿や年収は大事ですか?

 

婚活での目安の基準や考え方についてお話しようと思います。

今回は直球で書いています。

不愉快に思われる方もおられるのかもしれませんが今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

婚活をしているとよく聞く言葉は年収500円の収入がある異性じゃないといや!

恋をしたい!

外見もカッコいい人がいい!

 

と言う女性は本当に多いと思います。

 

男性でも美人がいい!

若い女がいい!

 

こういいう声もあるのではないでしょうか?

 

まず女性にお伝えしたいことは、年収が高い男性も参加しているのが婚活です。

これは間違いはありません。

でも年齢や容姿が必ずしも良いとは限りません。

結婚も経験していて子供もいるのかもしれません。

 

そこで、いつまでも若くて容姿が良くて年収が高くて何でもしてくれる人がいい。

毎日恋がしたい。

 

でもそんなに理想ばかり言っていてもそんな相手にであえる確率は高いと思います。

確かにそんな男性も婚活に参加しているでしょうから。

 

でも相手にされることはないでしょう。

 

それはどうして?

 

そんな疑問にお答えしようと思います。

 

それは、価値観の違いです。

 

本当に魅力的で年収も高い男性ならば若い女性に走るか、教養の高い異性との結婚を望むでしょう。

 

私も20代の時には年収は400万円もありました。

 

でもそれを伏せて控えめな年収を言っただけで相手にされなかったことを覚えています。

 

その経験で言えることはひとつです。

 

相手に多くを求める前に自分の価値を上げましょう。

 

こんなこと言うと怒られそうですが、必要な事だと思うのでお話しています。

 

話を続けます。

 

教養を身に付けませんか?

 

歴史、哲学、経済、政治、数学、物理学、化学、経営学、など、教養の高い人物は沢山の事を知っています。

 

ここで理想ばかり語っている女性に言いたいことは勉強をしているのが高額納税者の男性です。

 

よほど美人でないと、いや美人でも中身がないようだと幸せな結婚はありません。

 

はっきりと言えることです。

 

婚活をするのなら教養を身に付けましょう。

 

一番自分を高める方法です。

 

具体的には勉強してその成果の資格でも取りませんか?

 

資格があれば初対面との間でも自分の勉強の努力を伝えることが出来ます。

 

資格に限らず新聞でも読んで世の中のことを勉強しましょう。

 

管理職や中間管理職なら誰でもしていることです。

 

結婚しても相手と全く価値観が違っていれば話も合わないでしょうから。

 

それなのに、結婚しても夫婦生活がうまくいくと本当に思いますか?

 

私はうまくいくことはないと言いたいです。

 

結婚生活は相手との支えあいだと思っているからです。

 

あくまでも私の考えですがお互いに分かり合えるための努力は必要ですよ。

 

そして恋をしたい!

 

という声にもお答えしようと思います。

 

婚活に来るような男性は皆鈍感です。

 

そもそも女の子にもてるようなら高いお金を払ってまで婚活には来ません。

 

気配りができる人や気の付くような人だから仕事ができるとは限らないのです。

 

私も上場企業で働いた経験がありますが高学歴者や年収が高い人間はみな変わり者ですよ。

 

個性もとても強いです。

 

何でもおれおれな人達や派閥争いに勝つことを考えている人。

 

中には年収をある程度貯めたら独立したい!

 

と考えている人もいました。

 

そういう人達に共通して言えることは勉強と苦労が好きなのですよ。

 

たぶんですがそんなに外れてもいないと考えています。

 

そんな人たちに恋したいですか?

 

どれだけ欲張るときがすむのでしょうか?

 

何処かで妥協するのが婚活で成功する秘訣ですね。

 

私の知人や友人や親戚も婚活で結婚していますが、交際しながら喧嘩もしながら、1年くらいの交際で結婚しています。

 

変わり者同士の結婚ですよ。

 

お互いに求めるものも夫婦にしか分からないものだなあと言うのが私の感想です。

 

それなのに多くを求めてばかりいると大切な若さと言う時間が無くなり自分の魅力がどんどん下がっていきますよ。

 

妥協してとりあえず気になる人がいたら交際を始めることをお勧めします。

 

幸せはただ待っているだけではやってくることはありませんからね。

 

私の知り合いにも高学歴や高収入の人が多いです。

 

でも一言でいうと変わり者ですよ。

 

普通の価値観でありませんから。

 

婚活女性にお伝えしたいことはとりあえず交際ながら結婚を考えることです。

 

30歳を過ぎていれば運命の出会いはもう逃していると言っていいです。

 

後は妥協しかないですよ。

 

夢をみることも大事ですが、現実も見ましょうね。

 

結論はとりあえず交際を始めることです。

 

幸せへの道でしょうかと思っています。

 

次に男性に言えることです。

 

美人や若い女性はよほど高収入や外見が良くないと難しいです。

 

気になる異性がいても外見よりも内面を重視しませんか?

 

婚活をしているという事は結婚を考えているはずです。

 

年をとってもその女性と一緒にいたいですか?

 

価値観が合う女性が一番の理想の相手ではないでしょうか?

 

婚活中の男性に伝えたいです。

 

ありのままの姿を見てもらっても一緒にいてくれる異性を探して交際を始めましょう。

 

それが一番の結婚への近道です。

 

以上が今回のレポートです。

 

今回は直球すぎる内容ですのでイラっとしているのならそれは図星と言うことかもしれません。

 

また、結婚されている方でも読んでみたら勉強になることも多いのではないのかと思っています。

 

交際してても結婚していても異性との付き合いや繋がりは長く続くのです。

 

べんきょうした知識が生きていく上で大切だということもお分かりいただければ幸いです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。