日常の疑問を探してブログにしています。心の病気の応援ブログ! 毎日更新。

心の病気でも社会と繋がっていることをお伝えするブログです。

自衛隊の警察官?警務隊について

警務隊は誰でも知っているかもしれないと思います。

読者さまも一度くらいは聞いた事はあると思います。

 

今回は警務隊の記事です。

 

自衛隊応援ブログを始めて早1カ月がたちます。

 

読者さまからも好評ではてなスターをいつもありがとうございます。

まだまだ、防衛の初心者マークですが勉強した成果をブログにしています。

分かりやすく、面白みのある記事を心がけています。

今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

ところで、警務隊って何?

 

とさっそくの疑問が出てきたので勉強しました。

 

簡単に言うと自衛隊の中の警察という事になります。

 

自衛隊の秩序を守るのが主な任務のようです。

 

その仕事は多く分けて2つあります。

 

・犯罪捜査や被疑者の逮捕と言った司法警察

 

・交通統制や警護、防犯活動と言った保安業務です。

 

東京市ヶ谷に中央警務隊が2011年4月に新設されました。

その初代隊長藤田1佐のお話を紹介です。

 

防衛省全体の健全性を保つのが任務です。そのため、陸・海・空から警務官のスペシャリストを集めて配置するという警務隊としての初めての試みがなされています。」

 

担当は秘密漏洩や増収賄、ハイテク対処、などに特化した捜査班、要人警護、の専門班が置かれているのも市ヶ谷の特徴です。

 

警察大学校で研修も受けているというから驚きです。

 

警務官と警察官の違いはこうです。

 

一般司法警察職員が警察官

 

特別司法警察職員が、警務官、麻薬取締官、労働基準監督官、海上保安官です。

 

警務官は現場では聞き込みや鑑識も一人でこなすそうです。

 

警務官の仕事は捜査、そして検察官への送致までです。

 

その後の裁判までの手続きは被疑者が自衛官であったとしても一般人と同じ流れになります。

 

夜中に呼び出されることもあるというから驚きです。

 

大変な業務なのですね。

 

次はその任務についての紹介です。

 

警務隊が迅速に対応すれば早期に事件が解決して、警務隊は頼れる存在として安心感も生まれるそうです。

 

交通統制や警護などを警務官が行うことで部隊には緊張感が走ります。

 

警務隊の存在そのものが隊員の規律遵守を促す一面もあると言います。

 

保安業務では基地や駐屯地内や災害派遣時の交通統制なども行います。

また、自衛隊の敷地内の警戒活動も行っているようです。

 

そして、防犯活動や規律違反の防止のための活動、所在不明隊員への対処もあります。

 

陸上自衛隊の場合は保安業務は保安警務中隊が行います。

海・空では同じ警務官が司法警察業務と保安業務を両方行います。

 

 

www.takashi27.com

 

気になる装備品は、9㎜拳銃、シグP228、警務腕章、警務手帳、警笛、弾倉、手錠、特殊警棒、などがあります。

 

警察の逮捕術も習っているそうです。

 

ここで警務官になるための道を紹介です。

 

まずは部隊勤務の経験が必要だそうです。

 

その後、東京、小平にある「小平学校」に入校して曹なら初級曹特技課程

幹部なら幹部特技養成課程を「警務」を修めると晴れて警務官に指定されます。

 

柔道や逮捕術、刑法や刑事訴訟法などを学び操作や鑑識、取り調べ捜査演習など実践的な授業も行われています。

 

小平学校では約半年間の訓練があります。

 

また、射撃訓練もあるから拳銃の操作を学ぶ必要があるようです。

任務以外では持ち歩かないそうですが射撃の腕は常に磨いておく必要があると言います。

 

警務官は射撃特級などの名人が多いようです。

 

73式小型トラックや覆面パトカーもあるようです。

 

刑事ドラマでも作れそうなお仕事ですね。

 

白バイもあります。

 

ここで、警務隊員の声を紹介します。

 

女性捜査員の葛西2等海尉です。

 

「特に女性だから仕事上苦労する、とは感じないですね。逆に女性の関係者と話をするときに女同士だから話をできたり心情が理解できる場合もあります。」

 

警務官に必要な資質についてこうお話されています。

 

「相手のウソを見抜き、真実を見極めるには様々な世間を知っておく必要があるのです。パチンコやギャンブルと言った遊び方や換金率も知らないと供述の信用性が判断できないからです。」

 

何事も好奇心が必要と言います。

 

いままでは航空機整備員だったため艦上の決まりなどを知らなかったと言います。

しかし、遠洋練習航海に女性警務官として初めて同行した時に

「やっと海上自衛官になった」と感激したとお話されています。

 

夢がかなって良かったですね。

 

これからも前向きな気持ちで任務に取り組んでください。

 

 

www.takashi27.com

 

航空自衛隊の警務官、池竹2等空曹はこのようにお話しされています。

 

「他人と話をするときにいかに自分をさらけ出して相手との信頼関係を築いて話をできるのかということです。

人間力とも言い換えていい、これが最も大事な事だと思うのです。」

 

今まで一番印象深かった任務は政府専用機での警乗業務でタイのバタヤに行った時のことをお話されているので少し紹介です。

 

「大規模なデモが発生した時すぐに機体に戻るように命令が下りました。

市内が騒然とする中、何とか空港に戻りましてね。無事に離陸できた時にはさすがにほっとしました。」

以来、英語を勉強中だそうです。

 

コミュニケーション能力も警務官の仕事のようですね。

 

本当にお疲れ様です。

 

以上が自衛隊の警務隊です。

いかがでしたか?

 

楽しく勉強していただけるととても嬉しいです。

 

今日のレポートでした。

 

まとめ

 

・警務隊の事を知って警察業務にも興味を持つようになった。

・保安業務と司法業務があることを初めて知った。

・装備品に驚きです。警察官に似ていますね。

・小平学校に半年も勉強するのは大変だと思います。

・警務官の声を聞いて現場を知ることが出来ました。

 

最後に警務隊は中央警務隊になってから捜査などが大きく変わったようです。

陸・海・空自衛隊で連携して防犯や警護などの任務にまい進してほしいと思っています。

 

犯罪防止や撲滅は大変な任務だと思いますがこれからも頑張って下さい。

応援しています。

 

自衛隊の活躍は本当に多岐にわたり勉強をしながらその任務の重要性を学んでいます。

 

自衛隊を応援するためにも私のブログを読んで一緒に勉強しましょう。

 

国と国民の為に頑張って下さる自衛隊員の皆さまは私たちの誇りです。

 

読者さまの学びと新しい発見があれば今日記事にして良かったです。

 

今日の記事が国を守るという事を考えるきっかけになれば幸いです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。