日常の疑問を探してブログにしています。心の病気の応援ブログ! 毎日更新。

心の病気でも社会と繋がっていることをお伝えするブログです。

闘病応援ブログ 人間関係に悩んだ時

突然ですが、私には心の病気があります。

 

それでも通院しながら10年間も働くことが出来ました。

 

仕事は接客業や工場勤務、自動車メーカーや行政の臨時職員です。

 

その中で人間関係に悩むことは毎日のようにありました。

 

毎日が悩みの連続です。

 

挨拶が出来ていない事や無視されることへの不安。

自分の仕事が間違っていないのに他人のミスで弁償までさせられたこと。

 

悔しい気持ちや悲しい気持ちがたくさんあります。

 

転職もよく考えていました。

 

正規雇用では3年間しか働けないからです。

 

転職についての記事は過去記事をご覧ください。

 

www.takashi27.com

 今は副業もできる時代です。

自動車メーカーで働いていた時は副業が認められていました。

 

そんな病気や人間関係で悩んでいるかもしれない方への応援ブログです。

今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

売店で働いていた時はアベノミクス全盛期で株価も8000円から2万円台をキープしています。

 

株式投資をしていても成功していたかもしれませんね。

 

人間関係によく悩むのでお仕事があまり続きません。

 

病気になってから一番長く働けた職業はホームセンターの店員さんです。

5年間続きました。

こちらも過去記事をご覧ください。

 

 

www.takashi27.com

 人間関係に悩むことはどんな時も誰にでもあると思います。

無くなることは恐らくないのではないでしょうか?

 

そのためにはどうすれ良いのか?

 

私の経験からお話したいと思います。

 

やはり、話を聞いてもらう事が重要ではないでしょうか?

友達や職場で生産性のない話をするだけでもストレス発散になりますし自分の不満を知ってもらえます。

 

一番悔しいことは自分がミスしていないのに責任を取らされることです。

こういう時はよくありました。

よくある時はもう退職や転職を考えましょう。

 

www.takashi27.com

 

 

www.takashi27.com

 

いるだけで、ストレスがたまり、改善はされません。

良くて人事異動をおねがいしましょう。

 

自分の体の特徴についての陰口などもあります。

 

肥満ならすぐにダイエットです。

過食を控えて運動をお勧めします。

 

外見が変わると人の見る目も変わります。

 

現に私も体重が80kgくらいあったのが60kgくらいに痩せると女性からもの凄くもてたのを覚えています。

 

どうやって痩せるの?

 

質問攻めが続きました。

 

主婦の女性から食事に誘われて一緒に遊びに行ったこともあるくらいです。

もちろんグループでですね。

女子会は盛り上がり、楽しかったのを覚えています。

 

痩せると人生が変わりますよ。

 

太っていて悩んでいることは解決できる悩みです。

 

愚痴を言う余裕があれば運動をお勧めします。

 

 

www.takashi27.com

 このほかにも人間関係の悩みはなくなることはありません。

 

新しい仕事に就職しても必ずと言っていいほど、人間関係の悩みは付き物です。

 

そういう事で悩む人は人づきあいが苦手な人だと思います。

 

無理な人間関係の構築は止めて距離を置きましょう。

 

家族でも成人していればもう他人です。

 

過剰な干渉があることで病気が悪くなるなら意味がありません。

 

アパートでも借りて掃除や食事だけお手伝いをお願いしましょう。

 

ひとつの解決策です。

 

健康な人なら自衛隊への就職も一つの選択肢ですね。

社会貢献できます。

 

予備自衛官補と言う制度も見つけました。

 

会社員をしながら自衛隊員になれます。

 

年間に決まった訓練を受けることでお給料も貰えます。

 

健康な人がうらやましいですね。

 

可能性があります。

 

 

www.takashi27.com

 

 

www.takashi27.com

 人間関係に悩んだ時は、紙に書いてみて原因を探しましょう。

解決可能なら、努力してネットで調べてみましょう。

あるいは口コミの商品を試してみましょう。

効果があるかもしれませんね。

 

解決が難しいならハローワークで相談です。

話だけなら無料で聞いてくれる有り難いお役所です。

 

転職は自衛隊以外にもたくさんあります。

 

人生は一回です。

 

これで本当に良いのかをよく考えましょう。

 

読者さまの学びになり、新しい気づきがあれば今日記事にして良かったです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。