日常の疑問を探してブログにしています。心の病気の応援ブログ! 毎日更新。

心の病気でも社会と繋がっていることをお伝えするブログです。

闘病応援ブログ!人の意見を聞くこと

突然ですが、私には心の病気があります。

しかし、通院しながら10年以上も働くことが出来ました。

 

仕事内容は接客業に工場業務、行政の臨時職員や建設業、大手企業だと自動車メーカーで働きました。

 

そんな私の経験を読者さまにお伝えしているブログです。

 

病気でも働ける、病気の人の力になりたい、など社会貢献を考えている人たちは本当に多いです。

 

そんな人達のお役に立てればと思いながらブログにしています。

 

読者さまからも好評です。はてなスターをたくさんいただき、いつもありがとうございます。

 

とても励みになっています。

いつも応援ありがとうございます。

 

今回のテーマは人の意見を聞くことです。

 

人の話は聞きたくない。。

意見とか興味ないし。。

意見は聞くより言いたいことがある。。

 

などの声も聞こえてきそうですが、人の意見を聞くことで充実した人生とより良い職場環境での作業や手続きができるというのが私の経験から言えることです。

 

今回は話を聞くことの大切さ、メモを取る、意見をまとめて仕事に活かす。この3つをテーマにお伝えしょうと思っています。今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

話を聞くことの大切さ

 

 

話を聞くことで相手の考えや自分への気持ちなど多くのことが分かります。

世の中では対話と言う言葉がよく使われていますが、基本は相手の話を聞くことから始まります。

 

しかし、ただ聞いていればいいというものでもありません。

時間やテーマを事前に決めてから相手の話を聞きましょう。

 

ただの雑談になっては成長がありませんからね。。

 

話を聞くことで相手との距離も近づきます。

 

話を聞くという事は思っている以上に自分の成長にもつながるのです。

 

しかし、中には同じ話しかしない。

建設的な話がない。

いつも愚痴ばかり。

現実不可能な意見を言ってくる。

 

こういう人達がいる事もまた事実です。

 

こういう人たちとは距離を置きましょう。

 

ただあいづちをうつ。

いいですね。などの返事をするだけでも印象が良くなります。

 

話は自分が3割、相手が7割くらいがちょうどいいというのが私の経験からも言えることです。

 

相手の話を聞くことで相手の考えや思想を知ることが出来て、自分の意見や考えを伝えるときの参考にもなります。

 

相手の話を聞くことは無駄にはならないのです。

 

時間を作って相手の話を聞くようにしましょう。

 

メモを取る

 

これは大事な事です。

 

メモを取ることで大事な内容を忘れないからです。

 

記録をつけると記憶力も上がります。

 

また、相手の人も話を聞いてくれていると思ってもらえることでの安心感も生まれる可能性もあります。

 

大事なところはもう一度聞いたり分かりやすい表現を求めたりして、記録をつけるためにもメモを積極的に取りましょう。

 

人は自分の話に関心や興味を持ってもらえると好感度も上がります。

相づちを打つだけでなく、メモと言う記録をつけて、ノートにまとめる癖をつけましょう。

 

話の全体像や問題の概要、相手の趣味や興味を持っていることなど、また議論なら争点などが見えてくるはずです。

 

メモを取り、記録をまとめることで問題の整理や議論の争点をまとめて、自分の意見や考えを伝える方法をより具体的にまとめることが出来るというのがわかってくるはずです。

 

メモがない人は、このブログを読み終わったらすぐにでも買いに行きましょう。

 

メモはとても大事なものだとわかって頂けるととても嬉しいです。

 

 

意見をまとめて自分の仕事に活かす

 

メモを取っても相手の話をただ聞くだけでも問題の解決や仕事の生産性の向上など自分に利益もなければ時間がただ過ぎていっただけになります。

 

話を聞いた内容を思い出して、メモを見て、ノートにまとめたことをよく見て相手の話の理解に努めましょう。

 

理解するために記録を取ることに手を抜いてはいけませんよ。

 

相手に理解を求めるのならまず自分が相手を理解する努力をしましょう。

そして、理解するために必要な事を本を読んだり、ネットで調べたりして、予備知識を身に付けましょう。

 

その上で、仕事の問題の解決や日常生活を良くするために、その知恵を使う事にしましょう。

 

一日や一週間で効果の期待できる方法ではないのかもしれませんが、問題の根本的な解決方法のひとつではないでしょうか?

 

資料を作って仕事で上司や同僚に意見を言ってもいいですし、日常生活に改善に役立ててもいいと思います。

 

 

 

 まとめ

 

・話をきくことで多くのことが分か理解が深まると思う

・話のテーマや話し合う時間を事前に決めることも重要なことです。

・メモを取り、記録にまとめて自分の意思を伝えやすくすること

・意見を聞くことは問題解決のためが1つの考えです。そういう考え方もあるよと思いましょう。

・予備知識を身に付けるためにYouTubeやブログなどで勉強しよう。

 

 

最後に人の意見を聞くこととの重要性やメモを取ることの大切さを分かって頂ければ今日ブログにして良かったと思います。

 

人の意見を何のために聞いているのかの問題意識も持ちましょう。

だらだらと話をしていても時間がただ過ぎていくだけで成果を得ることは難しいです。

 

息抜きや気分転換の話なら建設的でなくてもいいですが、理論的に物事を考えて仕事に活かすためにはただ話を聞くだけではいけないことが分かってくると思います。

また、日常生活も充実させるためにも人の意見を聞くことを役立てましょう。

 

それから、メモは大事ですね。必ず記録を取る癖をつけましょう。

今はスマホでもメモを取れますが私は紙のメモをお勧めしています。

シャープペンシルは芯が折れるのでボールペンがお勧めです。

 

今日にでも買い物に行きましょう。

 

 

読者さまの学びと新しい発見があれば今日記事にして良かったです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。