日常の疑問を探してブログにしています。毎日更新。

日常で感じた世の中の疑問を見つけるブログです。

闘病応援ブログ!仕事の相談のメリット

こんにちは。タカッチです。

私には心の病気があります。

しかし、通院しながら10年以上も働くことが出来ました。

ホームセンターの店員さん、建設業、印刷業、農業、行政の臨時職員、コンビニバイト、自動車メーカーなど多くの企業の業務を経験しました。

 

病気があるとどうしても長くは働けない事と非正規雇用だと就労に契約期間もありました。

 

そんな経験から学んだことをブログにしてお伝えしています。

 

今日は仕事の相談のメリットをお話しようと思います。

 

仕事の相談とかしたくない!

転職とか考えたくない!

相談に何のメリットがあるの?

 

などの声も聞こえてくるかもしれないですが、一つずつお話しできればと思っています。

 

仕事をしていてお休みを取らなければいけない時や新しい仕事について教えてもらう必要がある時など、相談は必要になってきます。

 

また、今の世の中は終身雇用制度も崩壊しつつあります。

 

そんな中でだれにも相談しないで仕事をこなすことや問題の解決は難しいと思います。

 

私は仕事では支援者と呼ばれる相談員さんの所や転職の為にハローワークによく通っています。

 

今は副業を考えて勉強中ですが、仕事に就くときなどは必ず相談することにしています。

 

家族にも相談しますが、専門の相談員さんはいろいろな経験が豊富な方です。

 

トラブルにも強いです。

 

また仕事上の問題点や契約更新時にどうするのかなど、上司とも話し合わなければいけない事は沢山あります。

 

また効率的に仕事をするためにも相談は必要です。

 

私も多くの業務を経験して相談することで克服できたと感じています。

 

そして一番心配な事は心の病気の為に通院や休息などが必要でどうしてもお休みを頂かないといけない時があるからです。

 

どんな相談が良いのか?

転職を考えたらまずハローワークへ相談

仕事のミスをなくすためにも相談は必要

 

この3点にテーマを絞ってお話しようと思います。

 

どんな商談が良いのか?

 

これは難しいです。

 

家庭の問題や仕事上の人間関係、などいざ相談しようとすると悩みは尽きません。

 

そこで、時間を決めてそうだんすることブログや本を読む事をお勧めします。

 

時間は分かるけどどうしてブログなの?

 

とおっしゃる人もいると思うので簡単な解説です。

 

他人の失業や悩みなどを知ってその解決した方法や経験に学ぶことは多いと思います。

 

現に私のブログでも転職に関係する事や仕事上の問題の解決方法などをブログにしています。

 

 

www.takashi27.com

 読者さまからも好評です。

 

上記の過去記事は一例ですが、他人の経験からも多くの学びや気づきがあると考えています。

 

ブログを読んでみましょう。

 

その事で、解決策を見つけるヒントがあるかもしれません。

 

その上で相談をすれば内容の濃い密度のある要点を絞った話し合いになり建設的な意見や考えが生まれる可能性があるのではないでしょうか?

 

本やブログを読みましょう。

 

生きるヒントがあると考えています。

 

転職を考えたらまずハローワークへ相談

 

無料で相談に乗ってくれるのがハローワークです。

 

私は10年間も通っています。

 

常連さんですね。

 

多くの仕事を紹介していただきました。

 

今日も相談に乗ってもらったのですよ。

 

内容はカウンセラー業務についてです。

 

カウンセラーになって沢山の人を助けたい気持ちがあります。

 

でも資格がないと難しいようです。

 

そのため、ブログで応援しています。

 

資格は時間をかけて勉強しようと考えています。

 

話がそれましたが、ハローワークは専門の相談員さんがいます。

 

活用しない手はありません。

 

職業も自分の天職があるのかもしれないです。

 

今は終身雇用の考え方もなくなろうとしている時代です。

 

トヨタでも40代からはリストラの対象になるとの噂です。

 

銀行員も同じです。

 

これからはAI化が進み不要な人材は必要なくなります。

 

例えば中間管理職などの業務も強いリーダーシップや人脈がないと安い給料で残業が続き、モンペの部下に振り回されるなんてことがよくある話のようです。

 

でも転職は慎重にしましょうね。

 

一度しかない人生です。

 

早期退職に応じて退職金で投資家になったり起業したり、ブログのような副業を専業にしたりと今は働き方も大きく変わっています。

 

企業や集団になじめない人は多いのではないでしょうか?

 

プログラミングを書くIT企業や語学を活かした仕事など可能性は無限にあります。

 

ハローワークはその入口なのかもしれないですね。

 

土日休日の人でも休暇を取って一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

 

自分に合った仕事が見つかる可能性もありますよ。

 

仕事のミスをなくすための相談は必要

 

仕事にミスは付き物です。

 

酷い時には他人のミスの責任やしわ寄せがくる世の中です。

 

そういう時は上司や同僚に相談しましょう。

 

その時にはミスの内容の分かるレポートを作成しておくと分かりやすいのかもしれませんね。

 

ミスをしたままの状態で仕事を続けることは良くない事だと思います。

 

精神的にも辛くなるのではないでしょうか?

 

ミスをしたら素直に認めて相談をしましょう。

 

また、他人のミスをどうするのかも話し合いでしっかりと決めましょう。

 

曖昧にすると後の仕事に影響が出てきます。

 

可能な範囲で責任の所在を明確にして再発防止に努めましょう。

 

以上が今回のレポートです。

 

楽しんでいただけましたでしょうか?

 

なかなか相談はできない。

恥ずかしい

転職は嫌だ

 

などの声もあるかもしれませんがこういう考えもあるよ。くらいで受けてめていただき、より良い人生を生きていくための参考にしていただきたいです。

 

今日の記事が読者さまの学びと新しい発見があれば幸いです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

 

闘病応援ブログ!ぼんやりと一日を過ごすことの必要性(脳の活性方法)

闘病応援ブログは病気の人の応援のつもりでしたがはてなブログの読者さまも多いようなので大変うれしく思っています。

 

たくさんのはてなスターやブックマーク、そしてコメントをいただきありがとうございます。

 

私には心の病気があるために偏見を持たれているのではないのかと心配してのブログ更新ですが、今のところ、心配なさそうなので安心しています。

 

これからも毎日更新を目標に頑張りますので宜しくお願いします。

 

私には心の病気があります。

 

しかし、通院しながら10年以上も働くことが出来たのでその経験をお話しています。

 

アクセス数も順調に伸びているのでとても嬉しいです。

 

今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

今日のテーマはぼんやり過ごすことについてです。

 

ぼんやり過ごすと脳の活動が通常時より15倍も活性化するという研究結果もあります。

でも仕事が忙しいとなかなかゆっくりできないと思います。

 

特に病気の人でも働き始めた時は忙しくなり、ぼーっとすることも少なくなるのではないのでしょうか?

 

ここでぼんやり何て忙しくてできないよ!

とか

休日は暇すぎてすることがない。。

 

などの声も聞こえてくるのかもしれません。

 

何も年中ぼーっと過ごすことをお勧めしているのではないのです。

 

たまにはぼんやり過ごすことも自分の人生を豊かにするために必要なのではないのかという事をお伝えしようと思います。

 

 

www.takashi27.com

 

今回もテーマを絞ってお話します。

 

・忙しい毎日からの解放

・自分の時間を大切にすることで気分転換にもなる

・ぼんやりすることは脳のスタンバイ状態です。

 

この3点を中心にお話しようと思います。

 

忙しい日々からの解放

 

毎日が忙しいと充実しているかもしれません。

しかし、忙しすぎると心の病気の悪化やストレスからくる病気の原因にもなる可能性はあると思います。

 

休日や仕事が終わった後は、たまにはぼんやり過ごしませんか?

 

そうすることで、休息が取れて自分の存在意義についての考えるきっかけになるかもしれません。

 

何のために働いているのか?

何のための人生なのか?

 

一度時間を作って考えてみることで、自己の向上が図れるのではないでしょうか?

 

答えはすぐには見つからないのかもしれません。

 

でも自分の人生や仕事を振り返る必要性はあると思います。

 

こんなことを言うと忙しいから関係ない!

とか

ゆっくり何てできない!!

言いたいことはわかるけどのんびりしていたらお仕事がなくなる

 

などの声もあるのは事実だと私も思っています。

 

たまにでいいのです。のんびり過ごすことは。

そして、自分を見つめなおすことを繰り返していればいつか結婚や転職、などのターニングポイントにうまく対応できるようになるのではないでしょうか?

 

毎日同じことの繰り返しだと人生も退屈しそうですからね。

 

たまには仕事や勉強、育児や家事を忘れてぼんやり過ごすことで結果的に自分の人生を充実させることが出来るのかもしれません。

 

自分の時間を大切にする

 

ぼんやり過ごしながら一年間の計画を考えてもいいかもしれませんね。

資格を取るとか貯金をする。

また、副業を始めることなどの準備をしても良いと思います。

 

でも急には良いアイデアは浮かばないのではないのでしょうか?

 

脳が疲れていれば活動は活発化しないでしょうし、体の疲れもあればよい仕事もできないでしょうから。

 

自分の時間を作って温泉に行くとかマッサージを受けるとか、リフレッシュさせることも必要なのではないのかと思います。

 

ひとりで旅行に行っても良いと思います。

 

自分の時間を大切にしていればお金を貯める方法や副業で生み出す方法、転職などの新しい人生を送るための準備ができるのかもしれませんよ。

 

自分の時間を作ってより良い人生にするための方法を探しましょう。

 

ブログを書くためのネタ探しもいいかもしれませんね。

 

私も自分の時間を大切にしています。

 

 

www.takashi27.com

 脳のスタンバイ状態

 

科学的にも脳は休めるとインプットやアウトプットの為のスタンバイを行うそうです。

 

良質な休息は体に良いだけでなく脳にもいいのですね。

 

驚きです。

 

ぼんやりしている時の脳の状態は通常の状態よりも15倍もの活動をしているとの研究結果もあります。

 

休むことの重要性は科学的にも証明されているのです。

 

皆さまもぼんやり過ごすことで脳を活性化させて充実した休息を取りませんか?

 

きっと良い人生を送るための方法が思いつくと私は考えています。

 

以上が今日のレポートです。

 

楽しんでいただけましたでしょうか?

 

読者さまの学びと新しい発見があれば今日記事にして良かったと思っています。

 

最後に私たちはつい仕事では無理をしがちです。

 

サービス残業も当たり前の社会はいつでもどこでも変わらない現実が今の社会の風潮だと考えています。

 

勇気を出して、休息をとるための努力を今日今からでも始めてみませんか?

 

今日が良くない一日でも明日や来年はより良い日常に代わっているのかもしれませんよ。

 

でもそのためには努力と勇気が必要です。

 

残業を早めに終わらせる

休日出勤はできるだけ断る。

趣味を見つける

自己の向上のための資格を取ること

 

などを行っていけば自然とぼんやり過ごす時間が作れるのではないでしょうと読者さまにお伝えしたいです。

 

より良い充実した人生を送るためにも一日一日を大切にしましょう。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

 

 

航空自衛隊の主力戦闘機!F-15について

F‐15戦闘機は誰でも知っているのかもしれませんね。

 

航空祭やテレビでもよく見かけます。

 

やっぱり航空自衛隊と言えばF-15と言っていいくらいの人気があると思います。

 

今日はそんなF-15についての紹介です。

 

自衛隊記事は読者さまにも好評でいつもはてなスターやブックマークを頂きありがとうございます。

 

いつも分かりやすい簡単な解説を心がけています。

今回も最後までご覧ください。(^^)/

 

F-15戦闘機は1981年から航空自衛隊で運用されています。

もう47年も前から設計された機体を運用しているのです。

 

開発したのはアメリカのマクダネル・ダクラス社です。

米軍を始め、イスラエルサウジアラビア軍も採用しています。

 

航空自衛隊では約200機を保有しているのですがそのお値段は一機100億ともいわれています。

 

とっても高価な乗り物が戦闘機なのですね。

 

その性能はとても高くて、47年間一度も撃墜されたことがない戦闘機だとか。。

 

本当にすごい!!

 

また、アメリカ軍では1983年にイスラエルでの衝突事故で右の主翼を完全に失った状態でも15kmも離れた基地に着陸して事故もなく帰還しています。

 

パイロットもすごいけど、F-15も本当にすごいと分かります。

 

機体は環境により進化するという思想のもとにかなり大型に設計されており、分解すると空白部分が多くあると言います。

 

これはのちの改修に対応するためでこの空白の部分に電子機器や高価な部品度がつけられていると言います。

 

航空自衛隊でも何度か改修しており、新聞でも載っています。

 

ここで航空自衛隊の紹介です。

 

航空自衛隊では方面隊があります。

 

北部航空方面隊

中部航空方面隊

西部航空方面隊

南西航空方面隊

 

の4つの方面隊があります。

 

そして、12個の飛行隊を運用しています。

 

領空侵犯の対処は年間999回だったとか。

 

スクランブル任務本当にお疲れ様です。

 

航空自衛隊では今後も改修を重ねて運用をするようです。

 

アメリカでも同じです。

 

これは、ステルス機は小型で武装の搭載が少ない事や撃墜されると機密が漏洩する恐れがあるからです。

 

また、新しい機体を運用するとパイロットや整備員の教育や器材の準備などすべて新しくしなければならないため、コスト的にもちょうどよいといわれています。

 

航空自衛隊でも女性初の戦闘機パイロットが誕生しています。

 

松島美紗さん(26歳)です。

 

階級は2等空尉です。

 

宮崎県の新田原基地スクランブルに対処するための訓練を受けています。

 

過去記事もあります。

よろしければご覧ください。

 

www.takashi27.com

 航空自衛隊では尖閣諸島沖での活動を活発化させている中国軍に対応するために、2017年から1組2機体制から1組4機体制に増強しています。

 

これは2機が今まで通りの対応で残りの2機が後方からの支援が目的のようです。

 

F-15は強力なレーダーとチタンをふんだんに使った軽い機体で2種類のミサイルを搭載しています。

 

AIM‐7∸スパロー

AIM-9∸サイドワインダー

 

を4発ずつ搭載し20世紀のあらゆる戦闘機を上回る性能だったのです。

 

今でもその能力は健在で、日本の防空の要です。

 

20年にわたり生産が続きました。

 

計1200機が生産されています。

 

ファントムが合計で5000機と比べると少ないような気もします。

 

www.takashi27.com

 航空自衛隊ではF-15J(単座)F-15DJ(複座)

があり、合計102機が能力向上のための改修がなされています。

 

航空自衛隊では万全の体制での防空がなされているようですね。

 

とても心強いです。

 

まとめ

 

・47年間一度も撃墜されたことがない機体で驚いています。

・事故に遭っても無事に帰還することはパイロットの腕前もすごいけど期待もすごいです。

・将来性をよく考えて設計されていることが分かります。

・4つの航空方面隊に12個の飛行隊があり、空の守りは万全です。

・999回もスクランブル発進があるから驚いています。

 

最後にF-15戦闘機は勉強すると本当に優秀な機体だという事が分かります。

どんなことがあっても任務を遂行して帰還する。当たり前のようですがなかなかできないことではないでしょうか?

 

機体を作った開発者にも驚いています。

 

これからも運用できるように改修が可能なのでまだまだ現役で頑張ってほしい機体ですね。

 

戦闘機についてもっと知りたくなりました。

 

乗り物の魅力を知ると心が躍ります。

 

もっと勉強したくなる。そんな気持ちです。

 

読者さまはどのように思われましたか?

 

楽しんでいただければとても嬉しいです。

 

自衛隊では24時間、365日、休む間もなく日本を守り続けてくれています。

 

頑張っている隊員の皆さまには心からのお礼の言葉を贈りたいです。

 

私たちの為にありがとうございます。

 

これからも頑張って下さい。

 

最後に国防について考える機会があるのが自衛隊の応援ブログです。

自衛隊や隊員の活躍、装備品やその歴史を知るともっと知りたくなるというのが私の感想です。

でもまだまだ防衛の初心者マークです。

 

勉強不足なので分からないことだらけです。

 

いつも国の為にがんばる隊員の皆さまは私たちの誇りではないでしょうか?

 

今日の記事が国を守るという事を考えるきっかけになれば幸いです。

 

自衛隊は国の宝であり、国民の財産です。

 

私はそんなことを思いながらブログにしています。

 

皆さまの学びと新しい発見があればとても嬉しいです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

闘病応援ブログ!雑談についてのメリット

こんにちは。タカッチです。

私には心の病気があります。

けれども通院しながら約10年間も働くことが出来ました。

行政の臨時職員、印刷業、建築業、接客業、自動車メーカーなど多くの仕事を経験しています。

 

多くの仕事を経験して思う事は雑談の重要性です。

 

雑談を通じてコミュニケーションを取ることの大切さを学びました。

時には議論もありました。

嫌な上司もいました。

 

しかし、すべてが自分の経験となって今に役立っています。

 

今日のテーマは雑談です。

 

仕事での雑談を通じてどのような学びや気づきがあったのかを紹介しようと思います。

 

今回もテーマを3つに絞ってお話します。

 

・親睦が深まる

・議論は不毛です

・会話を楽しむ

 

この3つをテーマにお伝えします。

 

いつも簡単な解説になっていますが、読者さまの学びや新しい発見があれば嬉しいと思っています。

今日の最後までご覧ください。(^^)/

 

親睦が深まる

 

このような事を言うと仕事以外での会話は疲れるとか関わりたくないという声も聞こえてくるかもしれません。

 

ましてや親睦なんて深めたくないという声もあるかもしれません。

 

職場の人すべてと親睦を深める必要はないという事だけは先にお話したいと思っています。

 

じゃあどうして?

 

こんな疑問に私の経験からお話しようと思います。

 

相手の話を聞くという事は相手の考えも分かります。

 

たとえば私は昔は飛行機のことには興味はあまりありませんでした。

でも職場で航空機に関係している本を休憩時間に読んでいる上司がいて良く飛行機の話を聞いていました。

 

それも一人ではなく何人かです。

 

車の話もありました。

 

どれも当時の私には興味のない事です。

 

しかし、今は飛行機や車に関しての勉強中です。

 

それはブログを書くためにです。

 

そして思う事は昔、上司や先輩の話をもっと聞いておいて勉強すればよかったと後悔しています。

 

人から聞いた話や雑談から自分のやりがいや趣味が見つかるかもしれません。

 

以前は相手の話を聞くという事をブログにしました。

過去記事もよろしければご覧ください。(^^)/

 

www.takashi27.com

 

雑談は自分の価値観を広げる入口なのかもしれませんね。

 

他人の価値観を知って広い世界を知ることが出来ます。

 

年齢や性別に関係なく雑談から多くのことが得られます。

 

そして雑談で価値観が広がれば自然と親睦も深まるのではないのかと考えています。

 

話題にもよりますが、価値のある話を聞ければ自分の成長があり、その事がきっかけで親睦が深まる可能性を言っているのです。

 

間違っても可愛い女の子や上司の機嫌を取るために雑談をするのは止めておきましょう。

 

そんなことをしなくても自分が魅力的になれば人は自然とついてくると私は思っています。

 

最低限の礼儀やマナーを守り、多少は外見も気にしながら雑談を通じて得られるものがあれば親睦を深めることが出来るのではないのかと思っています。

 

議論は不毛

 

議論は苦手です。

 

こんなことを言うと叱られそうですが、どちらかと言うと事なかれ主義です(笑)

しかし、職場で雑談中の議論は不毛であり何も生まれないというのが私の考えです。

 

その理由は雑談は議論をするためにあるのではないからという事を言いたいです。

 

議論をするときはテーマを絞って時間を決めてできれば仕事中に行いましょう。

 

会議が一番いいですね。

 

今は休憩時間での過ごし方のひとつでもある雑談についての話題ですから。

 

議論をするときは休憩時間をさけて行い、どうしてもしなければいけない時は時間やテーマを事前に決めましょう。

 

議論は不毛と言う理由は休憩時間を快適に過ごすためのひとつの方法です。

 

ぜひ参考にして明日からでも行ってください。

 

会話を楽しむ

 

会話を楽しむつもりで雑談をしましょう。

 

家族との話でも1日に5分でも毎日続けてほしいと思っています。

 

雑談は迷惑にはならない範囲内であれば毎日行っても良いのです。

 

毎日5分でも雑談をすると好感度も上がるという研究や論文もあるようです。

 

それは、週末に旅行に行くようなものよりも大きいと言われているようです。

 

人生は1回きりです。

 

休憩時間や家族や友人との会話を楽しむことが出来れば新しい発見もあり、より豊かな人生になるのではないのかと言うことをお伝えしたいです。

 

そのためにはブログを読んだり、本を読んでインプットを増やしましょう。

 

会話もアウトプットです。

 

中身がない話や自分の経験談だけでは相手も退屈するでしょうから。

 

自分の成長や相手との有意義な時間を過ごすためにも会話はとても大切で、そのためのインプットをしませんか?

 

より有意義な会話になるので雑談を楽しむことが出来て、アウトプットと言う形で自分の経験や考えを人に伝えましょう。

 

会話は楽しんで行うものです。

 

その楽しい会話の為にも勉強を忘れないようにすれば自然に人に好かれて、楽しい会話ができるようになるのではないでしょうか?

 

多くの成功者が本を読んでいます。

 

経営者やYouTubeの言葉でも伝わってきます。

 

本や雑誌、ブログを読む事で常に新鮮な話題や奥の深い話をすることが出来るかもしれません。そして、自然と成長している自分に気付くことが出来てその事に幸せを感じる可能性があります。

 

会話を楽しむためにも一日一日を充実した時間にする努力をしましょう。

 

今回のレポートは以上です。

 

楽しんでいただけましたか?

 

雑談一つとっても奥が深くて学ぶことも多いのではないでしょうか?

 

雑談をすることのメリットは大きく分けて2つあると思っています。

 

ひとつは、自分の時間を楽しむこと

 

もう一つは、学びを得ることができることです。

 

どちらも大切でそして、明日からでも実現可能だという事が私のブログを通じて少しでも伝わっていれば幸いです。

 

今回のテーマは雑談でしたが自分でも非常に奥深く学びになったと思っています。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

護衛艦「いずも」を空母化?2020年に改修予定

護衛艦「いずも」が空母化に改修?

その記事を見て驚いています。

 

日本が空母保有国になる!

そう思うと思い出すのは子供の時にゲーム「提督の決断」です。

 

提督の決断IV with パワーアップキット

提督の決断IV with パワーアップキット

 

 

艦隊を指揮して太平洋を横断する壮大なシミュレーションゲームと関係書籍にもう夢中でした。

 

日本の提督はかっこよかったのが印象的です。

 

皆さんはゲームはしますか?

 

艦隊戦を指揮するゲームは壮大で夢があります。

 

お勧めですね。

 

今回のテーマは海上自衛隊護衛艦「いずも」の空母化です。

 

まだまだ、防衛の初心者マークですが一緒に勉強していきましょう。

読者さまからも好評でいつもはてなマークをありがとうございます。

分かりやすい解説とユーモアを心がけています。

今日も最後までご覧ください。(^^)/

 

その前に空母って何?

 

さすがにこんな声はないかもしれませんが、一応簡単な説明です。

 

空母は航空母艦の事です。

 

1922年の12月27日に日本で初めての空母「鳳翔」が建造されています。

 

世界初の新造空母です。

 

当時同盟国だったイギリスに造船技術を学んでいます。

 

空母は航空機を着艦させる移動式の滑走路のようなものです。

 

ですので航空機の母艦なのです。

 

空母についてお分かりいただけましたか?

 

次に護衛艦「いずも」の空母化についての解説です。

 

空母保有は長年タブー視されていました。

 

国内がまとまらないのがその理由のひとつです。

 

ひょっとしたら読者さまも空母化には反対な人もいるかもしれませんが、反対するためにもどういう理由で空母化されるのかを知れば議論と言うものが出来るのかもしれませんね。

 

「いずも」はヘリコプター搭載型の護衛艦です。

 

全通甲板を備えて14機のヘリコプターを搭載できます。

 

もともと大型機も搭載できるように設計されていたようでF-35Bステルス戦闘機も運用可能だそうです。

 

「いずも」を空母に改修の為に約31億円が計上されています。

 

F-35Bも6機購入予定で予算は846億円を計上しています。

 

その理由のひとつには中国があります。

 

中国海軍は5隻の空母を作り南シナ海東シナ海に大きな影響力を持っています。

 

そこで空や海の守りの為に空母には空母で対抗するというような考えのようです。

 

外国の脅威を考えることは日常にはないことですが自衛隊は常に有事に備えることが大きな仕事です。

 

専門的には抑止力とも言います。

 

防衛力を強化していることで他国からの侵攻を止める狙いがあるのです。

 

「いずも」の空母化も恐らくはそうした考えからなのかもしれませんね。

 

ここでは、紹介記事です。

 

空母化に賛成や反対と言った議論が目的ではないのです。

 

海上自衛隊に関心を持ってもらえるととても嬉しいです。(^^)/

 

話を戻します。

 

具体的な改修は甲板の耐熱工事、格納庫区画、電気系統の改修を行います。

 

本格的な工事は2020年内に終了するとのことです。

 

護衛艦は年に一回定期点検を行っています。

ドックに入って検査などを行うのです。

それとは別に3年から5年ごとに大掛かりな車検のような点検・修理を行います。

 

海上自衛隊ではこの大掛かりな点検時に空母化に改修する予定のようです。

 

本格的な空母を運用です。

 

ちなみに私は空母化に賛成ですね。

 

全部賛成とは言えませんが空母を持つことで国防が見直されることを期待しています。

 

ちなみに「いずも」型の2番艦の「かが」も2021年度に空母に改修予定です。

 

「いずも」を空母化するとF-35Bが14機、SH-60Jが7機程度搭載可能になるようです。

 

ここで搭載機についての説明です。

 

F-35Bは米ロッキード・マーティン社が中心となって開発されました。

第5世代戦闘機とよんでいるそうです。

 

垂直離着陸が可能でアメリカでは海兵隊保有しています。

 

日本ではF-4EJ改ファントムの引退により、F-35AとF-35Bが調達されます。

 

F-35は高度なステルス機能と統合されたセンサーシステムなどを搭載しています。

 

今後の活躍が期待できますね。

 

関係者の皆さまの努力が実りますように。

心から願っています。

 

次にSH‐60Jです。

 

これは護衛艦に搭載するマルチなヘリコプターです。

 

対潜、対艦、警戒監視を主な任務としています。

 

ヘリコプターなのに要するに潜水艦への攻撃や艦艇への攻撃ができる優れた性能を持っているのです。

 

シーホークと呼ばれているようです。

 

航続距離は800キロメートル

 

機関銃に魚雷や対潜爆弾、対艦ミサイルも装備しているうえに乗員も最大で12名も搭乗可能です。

 

通常は3~4名で運用しているようです。

 

機体は三菱重工業で開発されました。

 

現在はSH-60Kが海上自衛隊の主力装備です。

 

ほぼ国産と言っていいヘリコプターです。

 

これからもその活躍を期待しています。

 

最後に「いずも」の空母化をお話するのなら大な疑問が1つあります。

 

それは対潜能力をどうするのか?

 

という事です。

 

要するに戦闘機を搭載することで潜水艦への対処能力が不安になることが今議論になっているのです。

 

この問題に対する明確な答えは現在までには出ていないようです。

 

しかし、対潜能力を持った護衛艦は現在は4隻あります。

 

そのうちの2隻を空母化するというのが今の日本政府の考えなのです。

 

対潜能力をどうするのか心配な理由はロシアにあります。

 

中国では今後100隻もの潜水艦を保有することが確実視されているようです。

 

それなのに中国に対抗するだけの護衛艦だけでよいのか?

 

自衛隊では潜水艦も18隻体制を22隻体制に変える予定です。

 

でも少なすぎないですか?

 

外国とは一桁も違う保有量に大きな疑問を持ちます。

 

国民の皆さまへの問いかけの前の読者さまに興味を持ってもらいたいと思っています。

 

まとめ

 

・空母建造がイギリスに学んだことを初めて知りました。

・「いずも」「かが」は元々空母化の予定だったことを知ると国防計画に驚きます。

・搭載機のF-35Bやシーホークの性能に頼もしく思います。

・中国とロシアの戦力を知ると国防の重要性を考えてしまいます。

・国民の皆さまの関心の低さに疑問を持っています。

 

いつも自衛隊の記事で思う事は国民の皆さまの関心の低さにあります。

 

先日の台風19号の被害でも自衛隊の皆さんがいたから被害が最小限に抑えられたと思っています。

 

もちろん、警察官や消防官、行政の皆さまの活躍や協力あっての防災ですが、自衛隊の本来の任務は国を守る国防にあるのです。

 

外国では徴兵制度もあり、軍事については皆さん勉強しているようですが日本ではゲームくらいしか関心がないような気がします。

 

もっと防衛と言うものと自衛隊に関心を持つことはないのでしょうか?

 

日夜頑張る自衛隊の皆さまは私たちの誇りです。

 

今なお被災地で活動している隊員の皆さまには本当に感謝の気持ちで一杯です。

そんな自衛隊の事を私たちはどのくらい知っていて、考えることがあるのでしょうか?

 私のブログを通じて一緒に考えてほしい気持ちもあります。

 

自衛隊は国の宝であり、国民の財産です。

 

私はそんなことを思っています。

 

今日の記事が国を守るという事を考えるきっかけになれば幸いです。

 

次回作をご期待ください。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

闘病応援ブログ!仕事での上手な伝え方はどんなものか考えてみました。

こんにちは。タカッチです。

私には、心の病気があります。

でも、通院しながら10年以上も働くことが出来ました。

資格も沢山持っています。

 

書道、パソコン、剣道、フォークリフト大型自動車二種免許、救急救命講習修了証、ホームヘルパー2級、などです。

 

今回は仕事での上手な伝え方について私の思っていることをお話したいです。

 

伝えるってそもそもどんなこと?

疑問が出てきます。

伝えるって意外と難しいですよね。

 

伝える、辞書によると情報や考え、感情などをことばでしらせるとあります。

 

単純なようで難しい事ですが、心の病気があるともっと伝えることが難しいです。

 

でも仕事では苦手意識があっても伝えない事には仕事になりませんよね。

 

伝えることは単純なようでも意外と難しい事なのです。

 

ひょっとしたらブログでも伝えるという事なのかもしれないですね。

 

正しく伝えられていると読者さまからのアクセス増加につながるのではないでしょうか?

 

皆さまは伝えるという事について考えたことはありますか?

 

全くないとは言わないけれどもあんまり考えたことがないという人は多いと思います。

 

ここでテーマを絞って本題に入りたいと思います。

 

・伝えるって何?

・何を話すのか?

・ホウ・レン・ソウを(報告・連絡・相談)考える

 

この3つにテーマを絞ってお話しようと思います。

 

伝えるって何?

 

冒頭でもお話しましたが自分の話した内容が相手の理解が得られているかどうかはとても重要だと思います。

 

仕事でも指示を受けて分かりましたと言いながら実はよく分かっていないなんてこともあります。

 

実際に仕事になっていなかったり、できていなかったり。

 

ホームセンターで働いていた時の話ですが、美人の先輩Oさんの指示は分かりやすかったのですがそれでも仕事がきちんとできていたかと言うとそういうわけでもありません。

 

理解が足りないことも多くありました。

 

その時はどうしていたのか?

 

私はこうして仕事をしていました。

 

そういう時は、上手な質問をして、伝えることを考えてみましょう。

 

ここで意味わかんない!

 

とおっしゃる方もおられるかと思います。

 

自分の伝え方を知りたいと思う人も多いと思います。

 

でも考えて見てください。

 

自分が相手の話を理解できているかをよく分かっていないと自分が伝えることは難しいですよね。

 

相手の話を理解できて初めて自分の伝えるという事を考えてみていいと思います。

 

理解できていないところや記憶があいまいな指示にはメモを取ったり、理解できるようになるために、自分が分かったところを相手にお話して伝えることも重要な事ではないでしょうか?

 

今回のテーマはブログの伝え方ではなく仕事に関する伝え方で私の仕事の経験をお話しています。

 

でもブログ更新やレポートの作成にも役立つテーマだと私は思っています。

 

どんなことでも伝えることは共通の課題であり悩みだと思いますからね。

 

伝えるって何?

 

の答えは私は仕事上では自分の理解が足りているかによると思っています。

 

理解できるための記録を取ったり、質問をすることが結果的に相手に伝える子につながるのではないでしょうかと言うのが私の経験からも言えることです。

 

相手の話を理解する努力をしましょう。

 

あくまでも仕事の指示や課題なら理解するための努力が出来ると思います。

 

完全に理解できなくてもいいのです。

 

結果的に仕事が出来ていればよいのですから。

 

柔軟な頭や考えを持つことも伝える事への近道かもしれませんね。

 

何を話すのか?

 

これは伝えるためには重要な事です。

 

相手に伝えて理解や賛同を得るには自分が伝えることをまとめたり、理解しておかないと伝わるものも伝わらないですよね。

 

事前に話をまとめるための工夫や努力をしましょう。

 

分からない事の質問なら、何が分からないのかを事前にまとめて、質問と言う形で伝えることも一つの方法だと思います。

 

質問も難しいと思います。まずは何を分かっていないのかを理解しましょう。

質問と言う形で、伝えることにするとよいかもしれません。

 

何を話すのか?

 

分からない仕事の内容の質問を上手に伝えることも一つの話題や疑問を解消する方法だと思います。

 

ホウ・レン・ソウを(報告・連絡・相談)考える

 

ここで私が説明するまでもないようなテーマかもしれませんが意外にできていないという人や部下や後輩、あるいは上司にもいるのかもしれないです。

 

定期的な報告を心がけて見ましょう。

一日に何回連絡するのを事前にメモにまとめておきましょう。

仕事が終わったら報告は当たり前だと思いましょう。

 

 

この3点に気をつければ伝える力もアップするのではないでしょうか?

 

非常に簡単ではありますが初心を忘れないことが一番大切だと思っています。

 

常に気持ちは新入社員かその役職に就いた時の気持ちを持って仕事に取り組みましょう。

 

何だそれだけ?

 

とお叱りを受けそうですが、簡単なようで意外に難しい事です。

 

私もホームセンターで働いていた時は後輩もいましたが常に新人の気持ちを持って仕事をしていました。

 

 

www.takashi27.com

 過去の記事もあります。はてなスターもいただきありがとうございます。

 

初心を持つ気持ちはとても大切だと思っています。

 

以上が私の考える仕事での上手な伝え方です。

 

うまく伝わっているのか?

 

少し心配ですが、簡単にまとめさせていただきました。

 

読者さまの伝え方の参考になれば幸いです。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。

 

闘病応援ブログ!仕事で断るメリット

こんにちは。タカッチです。

 

私は心の病気がありますが通院しながら約10年間も働くことが出来ました。

自動車メーカー、建設業、印刷業、行政の臨時職員、ホームセンターの店員さん、飲食業やコンビニで働くことが出来ました。

 

一番長かったのがホームセンターの店員さんで約5年間です。

このシリーズでは病気があっても働くことのできるヒントになればと思いブログにしています。

 

病気がない人でもこういう考え方があるのか?くらいの気持ちで読んでいただけると嬉しいです。

 

今回はホームセンターや自動車メーカーなどの人とかかわる仕事を通じて

 

断ることの重要性について

 

お話したいと思います。

 

嫌な仕事も含めて断ることはとても大切な事です。

 

私も昔は断ることができなくて何でも引き受けていましたが、

 

結果的に体調を崩してしまいました。

 

相手を説得しようとしても多くは無駄に終わります。

 

ただ断ることで大きなメリットが生まれます。

 

・自分に負荷をかけすぎない

・自分の時間を大切にできる

・ストレスが激減すること

 

など多くのメリットがあります。

 

今回はこの3点にテーマを絞ってお話しようと思います。

 

自分に負荷をかけすぎない

 

これは大事な事です。

明らかなオーバーワークにならないようにしましょう。

一日にできる事や一人でできる事には限界があります。

 

何でも抱え込みがちな人こそ要注意です。

 

断ることは勇気が必要です。

 

いい人を演じることもなければ都合よく利用されることもないのです。

 

出来ない事はできませんとはっきりと言いましょう。

 

・仕事で断る理由は残業を断る

・仕事での付き合いを断る

・自分の担当外の仕事は受けない

 

その事で自分に負荷がかからずに日常生活も安定します。

 

ぜひとも断る勇気をもってできませんと言いましょう。

 

自分の時間を大切にできる

 

断ることでの大きなメリットは自分の時間が出来ることです。

 

これは大きなメリットだと思います。

 

定時で自宅に帰ると資格を取得するために勉強をしてもいいと思いますし、ゲームをしてもいいと思います。

 

友人や恋人と過ごすこともできます。

 

会社人間になっても出世や給料への影響は少ないと思います。

 

あなたの上司にそんな決定権はありません。

 

そんなに優秀なら役員候補ですから。。

 

馬鹿げた理想を持つのは止めましょう。

 

自分の家族と安定した生活あっての人生です。

 

トヨタでも終身雇用は終わったと豊田章男社長も言っています。

 

コンビニや大手銀行でもリストラの嵐です。

 

無能な人間や40代をすぎた男性はリストラの対象にもなるのですから。

 

自分を大切にするためにも自分の時間を作りましょう。

 

私も自動車メーカーの時代にはよく残業をしました。

 

お酒のお誘いもありました。

 

でも、今は退職しています。

 

無理をしても所詮は使い捨てカイロのようになってしまいます。

 

ト〇タのブラックぶりは尋常ではありませんから‥‥

 

健康保険にも加入させてくれなかったのです。

 

異常としか言いようがありません。

 

病院の医療費は全額自己負担です。

 

正直、自殺まで考えたくらいの”以上”ぶりだったのです。

 

経済ヤ〇zAと言う言葉もありますからね

 

転職は気を付けて行うべきです。

 

 

www.takashi27.com

 

 

www.takashi27.com

 

 

www.takashi27.com

 自分の時間を大切にしましょう。

 

ストレスについて

 

ストレスは人災です。

 

努力で軽減させることが出来ると考えています。

 

ストレスがたまると体調も崩して病気になりやすくなります。

 

仕事を断ることで大きなストレスを軽減させましょう。

 

 

ここまで言うとそんなに休めるかい!!

とか

ことわったりできないよ!!

 

とのお叱りの声も聞こえてくるかもしれないですが、

 

あくまでも一つの考え方です。

 

参考程度にお願いします。

 

もし、残業ばかり、仕事で断ることがどうしてもできない。

と言うのであればカウンセリングや転職をお勧めします。

 

 

www.takashi27.com

 心の病気の人は病気が悪くなっては意味がありません。

 

よく考えましょう。

 

www.takashi27.com

 最後に、仕事で断るメリットについてお分りいただけたと思います。

 

後は行動あるのみです。

 

自分の為にできる最善の方法を常に考えましょう。

 

最後までご覧いただいて、いつもありがとうございます。